今日の知っトク!

今日の知ってトクする5chニュースをまとめてお届けします!

    今日の知ってトクする5chニュースをまとめてお届けします!

    2018年01月

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1517131778/

    1: Egg ★ 2018/01/28(日) 18:29:38.47 ID:CAP_USER9
     家賃は平均30万円という、都内の超高級タワーマンション。その近くにあるスーパーマーケットで、2017年2月に芸能活動を休止した堀北真希の姿を本誌はキャッチした!

    「毎日、お買い物に来ているようですね。お子さんを連れているときもあります。マスク姿ですけど、目元の美しさは際立っています」(近所の住人)

     2017年12月某日、スーパーに現われた堀北は、財布を持っただけのスタイル。買い物を終えた堀北に本誌が声をかけると、一瞬、驚いた表情を見せたが、無言でそのままマンションに帰っていった。

     夫・山本耕史(41)の事務所から芸能界復帰、とも報じられたが、「子育てで忙しく、私どもの事務所からの復帰はありません」(山本の事務所)という。

     引退時に宣言したとおり、専業主婦として、幸せに暮らしている。

    (週刊FLASH 2018年1月2・9日合併号)

    2018年1月28日 7時0分 Smart FLASH
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14221948/

    写真
    no title

    【【芸能】<堀北真希>毎日スーパーマーケットへ!近所の住民「目元の美しさは際立っています」 】の続きを読む

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1517147972/

    1: Egg ★ 2018/01/28(日) 22:59:32.93 ID:CAP_USER9
    28日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、ダウンタウンの松本人志が、マスク姿の女性に魅力を感じることを明かした。

    番組の「視聴者が取り上げてほしいニュース」のコーナーでは、視聴者から届いた「風邪が流行するとマスクの着用が増えるが、接客業の人がマスクをしているのはどう思うか?」との疑問が取り上げられた。仕事場や冠婚葬祭の場でマスクを着けることについては、「咳をまき散らすぐらいならマスクをしてほしい」「マスクをしているのは印象が悪い」などと賛否両論の意見があるという。

    この話題に、前週の番組で取り上げた「すっぴんカフェバー」に興味を示していた松本は、「すっぴんバーに少しテイストが一緒になってくるんですけど、マスクをしている人に若干興奮を覚える」と告白。女性のマスク姿について「ミステリアスな部分が…僕は正直好きですね」とコメントしたのだ。

    松本の発言に佐々木恭子アナウンサーは驚くも、ゲスト出演したウエンツ瑛士と堀潤は「分かります、分かります」と共感。女性がマスク姿で接客することについて、3人とも「全然良い」と肯定的だった。

    堀はマスク女子について「冷たそうな目をしてるけど本当は笑ってるんでしょ」などと想像が膨らむことを明かし、ウエンツは「もう、みんなかわいく見えちゃう」とコメント。レストランなどでは、マスクをしないで接客された方が「笑顔が見えて安心では?」と質問されると、3人は「論点が全然違う」「どうでもいい」「なんでもかんでも見せれば良いってもんじゃない」と反発していた。

    2018年1月28日 13時26分 トピックニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14221357/

    【【テレビ】<ワイドナショー>視聴者「風邪が流行するとマスクの着用が増えるが、接客業の人がマスクをしているのはどう思うか?」 】の続きを読む

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1517141604/

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/01/28(日) 21:13:24.05 ID:CAP_USER9
    栃ノ心「泣きながら家族と」母国ジョージアは栄誉賞検討
    1/28(日) 21:02配信 朝日新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-00000045-asahi-spo

    パレード出発前、車に乗り込み手を上げる栃ノ心(右)=関田航撮影
    no title


    (28日、大相撲初場所 千秋楽)

    「彼は我々のヒーローです」。国技館へ祝福にかけつけた駐日ジョージア全権特命大使、レバン・ツィンツァゼ氏の声も弾む。栃ノ心が14勝目とダブル三賞で初優勝に花を添えた。

    前日まで伸ばしていたひげは剃(そ)った。「負けて終われない」。そう思うと硬くなりそうなものだが、いつも以上に落ち着いていたそうだ。浅く右を差す。左は遠藤の差し手を抱える。ここから怪力を見せる。すくい投げを繰り返して敵の体勢を崩し、押し出した。

    西から東の支度部屋へ移動し、東の正横綱の場所で髪を整えた。「横綱の席だから、座りづらい。まさかこんなことになるとは思ってなかったからね」と苦笑い。恒例の優勝者インタビューには「ほんとに幸せです!」と切り出した。

    いろんな人への感謝を述べる中で、「私の国のみなさん」と口にした。前夜はテレビ電話でジョージアの父、母、妻と語り合った。「みんなで泣きながら話しました」と栃ノ心。昨年11月に生まれた長女アナスタシアちゃんには、まだ会えていない。そのつらさの半面、優勝を経験した父として会えることになった。

    首回りから腕にかけて大きく波打つ筋肉。腹はムダに出てはいない。大木のように太く揺るがぬ両足。長い指が土を嚙(か)む。まさにスモウレスラーだ。「これからも親方の言うことをきいて、またいい相撲をとれるように頑張ります」。春場所は久々の三役復帰が確実。ジョージアのヒーローには、まだまだ上がある。(篠原大輔)

    ■「国民栄誉賞」を検討

    ジョージア(グルジア)出身の力士として初の幕内優勝を果たした栃ノ心に対し、日本の国民栄誉賞にあたる表彰が検討されることになった。28日、国技館を訪れたレバン・ツィンツァゼ駐日ジョージア全権特命大使が明らかにした。同大使は「栃ノ心が大関、横綱になると確信しています」と話した。

    【【相撲】栃ノ心「泣きながら家族と」母国ジョージアは栄誉賞検討[18/01/28] 】の続きを読む

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1517128676/

    1: 丁稚ですがφ ★ 2018/01/28(日) 17:37:56.67 ID:CAP_USER9
              東    決まり手    西
    大奄美  (8勝7敗) ○  押し出し. ● 碧山    (9勝6敗)
    旭大星  (8勝7敗) ●  押し出し. ○ 錦木    (8勝7敗)
    豪風.   (5勝10敗) ● 突き落とし ○ 朝乃山  (9勝6敗)
    琴勇輝  (7勝8敗) ● 引き落とし ○ 石浦    (9勝6敗)
    照ノ富士(0勝8敗7休)● .寄り切り. ○ 蒼国来  (6勝9敗)
    竜電.   (10勝5敗) ● 引き落とし ○ 千代丸  (9勝6敗)
    松鳳山  (9勝6敗) ●  押し出し. ○ 阿炎.   (10勝5敗)
    大翔丸  (7勝8敗) ○  押し出し. ● 千代の国(6勝9敗)
    千代翔馬(6勝9敗) ●  寄り切り. ○ 豊山    (9勝6敗)
    正代    (7勝8敗) ●  寄り切り. ○ 輝      (9勝6敗)
    遠藤    (9勝6敗) ●  押し出し. ○ 栃ノ心 . (14勝1敗)
    千代大龍(8勝7敗) ○  押し出し. ● 大栄翔  (9勝6敗)
    宝富士  (8勝7敗) ○  寄り切り. ● 琴奨菊  (7勝8敗)
    嘉風.   (4勝11敗) ● .小手投げ. ○ 勢.     (4勝11敗)
    魁聖    (8勝7敗) ●  寄り切り. ○ 逸ノ城 . (10勝5敗)
    北勝富士(4勝11敗).●  叩き込み. ○ 安美錦(3勝9敗3休)
    貴景勝. (5勝10敗) ●  寄り切り. ○ 荒鷲    (8勝7敗)
    隠岐の海(5勝10敗).●  押し出し. ○ 玉鷲    (6勝9敗)
    御嶽海  (8勝7敗) ● .上手投げ. ○ 高安.   (12勝3敗)
    鶴竜.   (11勝4敗) ○ .上手投げ. ● 豪栄道  (8勝7敗)

    幕内最高優勝:西前頭三枚目 栃ノ心(14勝1敗) 初
    三賞
     殊勲:栃ノ心  敢闘:阿炎、竜電  技能:栃ノ心
    各段優勝
     十両  :東筆頭     妙義龍 (10勝5敗)

     幕下  :東十七枚目 若隆景 (7勝0敗)
     三段目:西八枚目     魁勝 (7勝0敗)
     序二段:東二十八枚目 魁鵬 (7勝0敗)
     序ノ口 :西二十枚目   塚原 (6勝1敗)

    今日の中入り後の結果/三賞受賞・各段優勝力士
    http://www.sumo.or.jp/ResultData/torikumi/1/15/
    http://www.sumo.or.jp/ResultData/champions/

    【【相撲】大相撲一月場所千秋楽 栃ノ心有終の14勝!低い遠藤を起こして完勝 新入幕阿炎・竜電敢闘賞 鶴竜連敗止めた 照1つも勝てず 】の続きを読む

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1517147132/

    1: サーバル ★ 2018/01/28(日) 22:45:32.00 ID:CAP_USER9
    週刊文春は2018年1月27日、同誌の新谷学編集長(53)とお笑いタレント・カンニング竹山さんの対談イベントを都内で開催した。

    同誌をめぐっては、音楽プロデューサー・小室哲哉さんの不倫疑惑を報じて以来、世間の風当たりが強まっている。そうした声を受け、新谷氏は「顔出しNG」を解禁、ついに重い口を開いたのだが...。


    「報道で介護を知るきっかけになれば」

    「顔出し懺悔じゃない」――イベント冒頭、新谷氏はこう話す。

    これまで「編集者は黒子である」との不文律を守り、インタビュー等で顔出しを控えてきた新谷氏。だが、マスコミへの不信感が日々強まり、媒体を信頼してもらうには顔を出しての情報発信が必要ではないか、と常に考えていたという。

    そうした思いに加え、小室さんに放った「文春砲」への批判が高まったこともあり、今回の場が設けられた。

    新谷氏は、文春には「『人間には色々な顔がある』ということを伝える」との原点があると話す。著名人などの「表の顔」だけでなく「裏の顔」も伝えることで、世間の「ガス抜き」につながるといい、小室さんの件も「引退させたいという動機はまったくない」。

    批判については「開き直って『何も悪くなかった』というつもりはない」と前置きした上で、記事の狙いを

    「介護は本当に大変だと。だから小室さんも息抜きしていることを伝えることで、介護の現場の理想の現実をみなさんが考えたり話したりするきっかけになればいいと思った」
    と説明し、理解を求めた。

    小室騒動でメディア環境が良くなった

    ただし、タレント・ベッキーさんとロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんとの「ゲス不倫」報道以降、

    「私が意図するものと、(世間への)伝わり方にどんどん大きなギャップが出てきているのも事実」
    と新谷氏は苦悩を明かす。

    当時、ベッキーさんが猛バッシングを受けたことは「まったく予想していなかった」「かわいそうだった」と振り返る。「まだ評価が定まっていない金ピカなものに一太刀浴びせるのは好き」だが、ベッキーさんのように「弱り切っている人を叩くのは大嫌い」。

    さらに、小室さんの騒動で教訓となったのは、

    「ネットをご覧になっていつも書き込んでいる方々が冷静になったというか、客観的になった」。
    第一報では、小室さんへの批判が集中したものの、引退会見を機に「文春叩き」が活発に。最近では批判の矛先が、拡散を手伝うテレビや炎上させるネットユーザーにも向かい、「メディアを取り巻く状況が良い方向に進んだんじゃないか」と分析する。

    「(不倫報道は)もういいんじゃないと思うことはある」

    こうした不倫報道への「辟易」は、今後の記事制作に生かされるのか。新谷氏は今後の方針を聞かれ、

    「雑誌は生き物ですから、その時代の空気によってこれまではこれは話題になるしみんなが興味を持って読んでくれるけど、これはちょっと違うよねということは当然ある」
    と回答。方針は日々移ろっており「私自身も(不倫報道は)もういいんじゃないと思うことはある」とするも、具体的な方針については明言しなかった。

    当日の模様を中継した「週刊文春デジタル」ニコニコ動画公式チャンネルでは、5000人以上の視聴者を対象にアンケートを実施。「良くなかった」(「あまり良くなかった」含む)と答えた人(55.8%)が、良かった(「まあまあ良かった」)の32.8%を上回った。

    コメント欄などには、「文春の方針には納得できた」「文春がんばれ」と肯定的な意見が寄せられたものの、

    「日本の大事なアーティストを引退に追いやった 大罪は、どんな言い訳をしてもぬぐえるものではない」
    「悪役らしく大きな顔してりゃいいのに、今更なに憐れみを乞うてんのだろうか...。」
    など、新谷氏の主張に納得できないとする声が多い印象だ。

    新谷氏は、著書『「週刊文春」編集長の仕事術』(ダイヤモンド社)でこんなことを綴っている。

    「この仕事は正直に言って、真面目な人、オーソドックスな感性の人はあまり向いていない(中略)みんなが『右だ右だ』と言っているときに、『ちょっと待てよ、左はどう?』と言ってみたり、全く思いもよらないものを提案する。あるいはみんなと同じ方向だとしても、さらに突き抜けるパワーを持ったアイデアを出す。そうしたセンスが求められている」
    今後、文春砲の「砲弾」に変化はあるのか、注目が集まる。
    https://www.j-cast.com/2018/01/28319731.html?p=all

    【【ゲス不倫】文春編集長が都内で対談 「ベッキーはかわいそうだった」「弱り切ってる人を叩くのは嫌い」 】の続きを読む

    このページのトップヘ