今日の知っトク!

今日の知ってトクする5chニュースをまとめてお届けします!

    今日の知ってトクする5chニュースをまとめてお届けします!

    2018年05月

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1526539477/

    1: ばーど ★ 2018/05/17(木) 15:44:37.12 ID:CAP_USER9
    主婦と穏やかに暮らす「めぐ」
    no title


    公園に放置されていた犬を保護し育てていたら、もとの飼い主が名乗り出て、「返還を」と訴えられた。動物愛護法には遺棄罪があり、飼い主にペットの健康や安全を確保する責任があるとされているが、裁判所はもとの飼い主の訴えを支持した。「大岡裁き」――といかなかったのはなぜか。

    東京・吉祥寺にある公園。2013年6月下旬の朝、前夜からの雨があがった曇り空の下、そのゴールデンレトリバーは口輪をはめられ、短いリードで柵につながれていた。駆けつけた主婦が保護すると、被毛はぬれ、おなかのあたりが泥にまみれていた。

    主婦は最寄りの警察署に拾得物として届け出たが、警察に引き渡すと殺処分される可能性があるため、自ら飼育することを申し出て、自宅に連れ帰った。先住犬との相性もよく、その犬を「めぐ」と名付けた。

    問題が起きたのは、その約3カ月後だ。9月中旬、警察から「飼い主が名乗り出た」との連絡がきた。

    「約3カ月も、なぜ探さずに放置していたのか」。主婦はそう疑問に思い、夫とともに、飼い主を名乗る女性から複数回事情を聴いた。

    女性は「会社の上司で交際相手でもある同居男性が犬嫌いで、その男性が犬を置いてきた。男性を怒らせれば職を失い、結婚も破談になってしまうと思い、何も言えなかった」「この男性とは別れ、元夫と再婚するので犬を飼えるようになった。大切な家族だと思っているので返してほしい」などと説明したという。

    一方で、主婦が保護した2週間前にも、めぐは、「交際相手の男性」によって渋谷区内の公園に放置され、近隣の人に保護されていたことが判明した。主婦は「2度にわたって『家族』だという犬を放置し、今回は3カ月間も名乗り出ないとは、犬の飼い主として信頼できない。女性のもとでは、めぐにとって望ましい飼育環境が確保されないと思った」と話す。公園に放置した時点で、女性は犬の所有権を放棄しているはずだと考え、返還を拒むことにした。

    翌年10月、女性の弁護士から返還を求める内容証明が届き、15年3月には返還と慰謝料を求める訴状が送られてきた。女性は「犬の所有権を放棄したことはない。被告には引き渡す義務がある」などと主張。東京地裁は「女性が所有権を確定的に放棄したとまでは認められない」と判断し、主婦は敗訴。控訴したものの、東京高裁も一審判決を支持した。

    犬を捨てれば、動物愛護法で遺棄罪に問われ、民法上は所有権を放棄したことにもなる。また、ペットの健康や安全を確保する責任が飼い主にはあると、動愛法は定めている。大岡裁きなら、主婦の所有権が認められそうなものだ。

    だが裁判では、▽置き去りにしたのは交際相手の男性▽女性は犬が保護されたことを認識しており、犬の生命などに重大な危険がないことを知っていた▽遺失物法が定める期限(3カ月)ギリギリだが女性は遺失物届を出しており、犬を連れ戻すための行動に出ていた――つまり女性自身は犬を捨てておらず、飼い主としての責任も果たしていたと判断された。

    主婦は「動物に対する飼い主の責任や感情には一切触れない高裁の判決文を読み、失望した」と言い、上告を断念した。4月下旬、「速やかに犬を返還して」などとする内容証明が届いた。
    .
    ■「年老いた犬と平穏に暮らしたい」

    主婦がめぐと暮らし始めて、まもなく丸5年になる。女性が裁判所に提出した資料によると、めぐは現在14歳。足腰の衰えが見え始めためぐを抱きしめながら、主婦は「年老いためぐとの平穏な日々を大切にしたい。でも、めぐはどうなってしまうんだろう」と涙ぐむ。今後は強制執行におびえながら暮らすことになる。

    ペット関連法に詳しい細川敦史弁護士は「遺失物法上、もとの飼い主の所有権が失われていないという司法判断は理解できる。しかしもとの飼い主が、交際男性との生活を優先してその男性が飼い犬を遺棄することを2度も容認した行動は、動愛法が定める所有者の責務に照らして問題がないとは考えにくく、一般論としては飼い主の資格があるのかどうか疑問に思う。犬はかなりの高齢で、環境の変化が健康に悪影響を及ぼす可能性もある。

    (※中略)

    朝日新聞ではもとの飼い主の女性に弁護士を通じて取材を申し込んだが、「取材には応じられない」との回答だった。

    5/17(木) 15:29
    sippo
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00010000-sippo-life&p=1

    【【社会】放置された犬を保護して飼育 3カ月後に遺失物届出、返還要求 裁判に発展 「年老いた犬と平穏に暮らしたい」 】の続きを読む

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526360648/

    1: muffin ★ 2018/05/15(火) 14:04:08.84 ID:CAP_USER9
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/14/kiji/20180514s00041000201000c.html
    2018年5月14日 14:46

     メンタリストのDaiGo(31)が14日、TBS系「ビビット」(月~金曜前8・00)にVTR出演。収録時間の長いクイズ番組には「二度と出ません」と言い切るなど、時間を無駄に浪費することを嫌う一面をみせた。

     番組では、DaiGoの日常に密着した。都内の4LDKの自宅を公開。趣味が読書だけあって3000冊の書物に囲まれた仕事場を紹介したほか、本の購入に月100万円以上かけていることが明かされた。

     また、13万円の調理器具や18万円の肉を購入したりというセレブぶり。収入源に関しては、テレビでのパフォーマンスや書籍の印税のほか、得意の心理学を応用しての、企業とのコンサルティング契約が10件ほどあるという。

     それでも「めちゃめちゃお金が欲しいわけではないんです。どちらかというと時間と自由の方が欲しい」とDaiGo。それゆえ「最近はクイズ番組は秒で断る。断言しますが二度と出ません。5時間収録して、自分が出るの5分とかですよ。効率悪すぎるじゃないですか」と断言した。無駄な時間を排除するスタイル。コメンテーターでフリーアナウンサーの雪野智世(54)は「無駄な時間も大事だと思うんですが」、MCの女優・真矢ミキ(54)は「徹底してますね」と感嘆の声をあげていた。

    no title

    【【芸能】メンタリストDaiGo、クイズ番組「秒で断る。二度と出ない」ワケ 】の続きを読む

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1526522473/

    1: ガーディス ★ 2018/05/17(木) 11:01:13.40 ID:CAP_USER9
     福井県警大野署と県警組織犯罪対策課、厚生労働省近畿厚生局麻薬取締部は5月16日、
    大麻取締法違反(所持)の疑いで、福井県大野市、
    フリーアナウンサー佐々木愛(本名白嵜愛)容疑者(35)と、
    夫の飲食店経営白嵜宏幸容疑者(43)を現行犯逮捕した。
    同署によると、ともに容疑を認めている。

     逮捕容疑は共謀し同日、大野市内の自宅で若干量の乾燥大麻を所持した疑い。

     同署によると、麻薬取締部から情報提供があり、合同で捜査を進めていた。
    16日朝から白嵜宏幸容疑者が経営する喫茶店や自宅などを家宅捜索、自宅で乾燥大麻を見つけた。

     佐々木容疑者は以前、福井県内の民放にアナウンサーとして勤務していた。
    退職後も県内のラジオ番組への出演や、イベントの司会を務めていた。

     同署などは今後、入手経路や使用の有無などを捜査する方針。
    http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/330911

    【【福井】女子アナを大麻所持疑いで逮捕 佐々木愛容疑者、夫と共謀  】の続きを読む

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1526541309/

    1: ばーど ★ 2018/05/17(木) 16:15:09.52 ID:CAP_USER9
     政府は17日、新元号への円滑な移行に向けた関係省庁連絡会議の初会合で、新元号への公表時期について「(2019年5月1日の)改元の1カ月前を想定する」との方針を示した。

    2018/5/17 15:40
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30628030X10C18A5000000/

    【【政府】新元号公表、(2019年5月1日)の改元の1カ月前に 政府方針 】の続きを読む

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526544006/

    1: muffin ★ 2018/05/17(木) 17:00:06.05 ID:CAP_USER9
    「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN(Y.M.C.A)」などのヒット曲で知られる歌手の西城秀樹さん(さいじょう・ひでき、本名=木本龍雄、きもと・たつお)さんが死去した。63歳だった。2003年と11年に脳梗塞を発症した西城さんは、後遺症やリハビリと闘いながらステージに立ち続けた。郷ひろみ(62)、野口五郎(62)らと「新・御三家」として70年代に一世風靡(ふうび)した。

     永遠の“ヤングマン”が天国へと旅立った。

     48歳、56歳の時に脳梗塞を2度発症。右半身のまひや言語障害などの後遺症が残ったが、壮絶なリハビリで回復。4月にコンサート出演するなど、最後までステージにこだわった。

     甘いマスクに長髪をなびかせ、エネルギッシュに熱唱するスタイルで女性ファンをとりこにした。1974年には「傷だらけのローラ」で日本レコード大賞歌唱賞を受賞。「薔薇の鎖」では敬愛する英歌手ロッド・スチュワートばりにスタンドマイクを振り回すアクションで人気を集めた。

     79年の「YOUNGMAN」は約140万枚の大ヒットを記録した。自身も考案に携わった「YMCA」の4文字を両手で表現する振り付けも大流行。80年のセンバツ高校野球大会の入場行進曲、近年はCMソングに起用され、世代を超えて愛された。

     音楽を愛し続けた63年間だった。ジャズ好きの父親の影響を受け、小学3年生で地元のジャズスクールに通いドラムを始めた。中学1年生の時は3歳上の兄らとバンドを結成し、ビートルズなどの楽曲を披露。楽器を購入するために新聞配達のアルバイトもこなし、岩国の米軍キャンプでも演奏した。 

     広島・山陽高時代にジャズ喫茶で歌っていた時にスカウトされ、「ワイルドな17歳」をキャッチフレーズにデビュー。郷、野口と“新御三家”としてスターへの階段を駆け上った。私生活では46歳まで独身を貫いたが、2001年に妻・美紀さんと結婚。2男1女と子宝に恵まれた。

     幸せまっただ中の03年、突如病魔に襲われた。ディナーショーで訪れた韓国・済州島で脳梗塞を発症。11年に再発し、右足を引きずるなど後遺症が残ったが、家族に支えられながらリハビリに励んだ。1日3~4箱吸っていたタバコも断った。60歳を迎えた15年4月にライブを開催し、「ヒデキ、還暦!」とさらなる活躍を誓っていた。

     西城さんは09年にスポーツ報知のインタビューで、死ぬ間際まで役者人生を全うした緒形拳さん(08年死去)を理想に挙げた。「緒形さんのように自分の体が滅びていくまで仕事ができるか。僕は弱い人間だから自信がないけど。これからさらに鎧(よろい)がもう一つできて強くなれるかな」。その言葉通り、最後まで歌手人生を全うした。

    スポーツ報知 5月17日(木) 12:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00010000-spht-ent

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180517-00010000-spht-000-1-view.jpg

    2018/05/17(木) 12:32:28.58、
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1526539429/

    【【芸能】<西城秀樹さん死去>63歳…「ヤングマン」「傷だらけのローラ」など大ヒット曲多数】の続きを読む

    このページのトップヘ